HOMEへ戻る
harecoco.netガイド
大
小
文字サイズ変更

放射性ヨウ素内用療法:甲状腺がん

放射性ヨウ素内用療法は何故甲状腺がんに効くのでしょうか






放射性ヨウ素内用療法は何故甲状腺がんに効くのでしょうか

甲状腺細胞は、のりや昆布などに含まれるヨウ素を取り込んでホルモンを合成します。乳頭がん濾胞(ろほう)がんなどの甲状腺がんは、正常な甲状腺細胞と似た性質を持ち、通常のヨウ素と同じように放射性ヨウ素も取り込みます。
放射性ヨウ素の入ったカプセルを飲むと、放射性ヨウ素は取り込まれた甲状腺がんの細胞のみを破壊します。手術で切除しきれなかった甲状腺のまわりのリンパ節転移も、放射性ヨウ素内用療法で破壊することができます。
甲状腺がんが転移している場合にも、同様に破壊することができます。
イラスト:ヨウ素制限食・のりイラスト:ヨウ素制限食・昆布

ただし、放射性ヨウ素内用療法は手術療法で甲状腺組織をすべて摘出した患者さんが対象となります。甲状腺組織を一部残している場合は十分検討を要します。

ページトップ

放射性ヨウ素内用療法は甲状腺がんの治療にどのようなメリットがあるのでしょうか

手術で甲状腺を切除した患者さんにとって、放射性ヨウ素内用療法は次のようなメリットがあります。
  • 手術で甲状腺を完全に取り除いたつもりでも、多くの患者さんに目に見えないほどの小さな甲状腺組織が残ってしまいます。残った甲状腺組織の中にがん細胞がないとは限りません。放射性ヨウ素内用療法を行うと、目に見えない甲状腺組織も破壊することができます。これをアブレーションと呼びます。アブレーションは外来で行う方法が主流になりつつあります。
  • 甲状腺がんは、肺やリンパ節などに転移している場合がありますが、転移した甲状腺がんも放射性ヨウ素内用療法で破壊することができます。
年齢的には、特に40歳未満の方で治療効果が高いといわれています。

ページトップ

放射性ヨウ素の内用療法 治療例

画像提供:金沢大学医薬保健研究域 医学系・核医学 教授 絹谷 清剛

放射性ヨウ素は甲状腺組織が残っているところに取り込まれます。
また、甲状腺と同じ性質を持つ甲状腺がんが転移しているところにも取り込まれます。

  • 甲状腺がん・アブレーション
    アブレーションにより手術後に残った甲状腺組織を消失させます。
画像:甲状腺がん・アブレーション

  • 甲状腺がん 遠隔転移治療
24歳女性 濾胞癌
画像:24歳女性 濾胞癌

46歳女性 乳頭癌、濾胞癌
画像:46歳女性 乳頭癌、濾胞癌

70歳初発 濾胞癌
画像:70歳初発 濾胞癌

ページトップ

どのくらい効果がありますか

甲状腺がんの放射性ヨウ素内用療法は日本でもたくさんの治療経験があり効果が認められていますが、残念ながら詳細なデータは報告されていません。

これはアメリカでの成績です。
甲状腺がんを手術で切除した患者さんの死亡率を30年間調査したところ、手術だけの患者さんの9%が死亡しているのに対し、手術後に放射性ヨウ素内用療法を行った患者さんの中で死亡したのは3%でした。さらに、手術で目に見えるがんがすべて切除できた患者さんに放射性ヨウ素内用療法を行った場合には死亡例はありませんでした。

StageII〜IIIの患者 1152例 手術後30年追跡調査
再発率 死亡率
摘出手術のみ(内用療法なし) 38% 9%
摘出手術+内用療法 16% 3%
摘出手術(残存甲状腺組織なし)+内用療法 9% 0%
(出典:Mazzaferri EL et al. Am J Med 1994;97:418-428)

ページトップ

次のページへ